新着情報(ヘッドライン)

お知らせ

SNIA-Jのお知らせ一覧です。

表示する記事数   

■SNIA日本支部主催「コールドストレージ!!セミナー第2回」開催のお知らせ■

IoT/ビッグデータ時代を迎え、データの爆発的増加への対応要件の1つとして、大量データの長期保存がキーワードとなっています。これに対して、SNIA日本支部では「コールド・ストレージ分科会」を設立し、技術動向、ユースケース、選定基準などの調査&研究を行っています。コールドストレージの基本的な考え方から最新動向までを幅広くご紹介致します。

セミナー資料は、環境保護等を鑑み、印刷資料としては配布いたしませんが、セミナー終了後にSNIA日本支部WebサイトよりPDFファイルにて会員向けに公開いたします(ただいま準備中です)。なお、一部セッション、あるいは一部スライドについては公開しない場合もありますので、ご了承ください。

参加費用は無料となっておりますので、この機会をお見逃しなく、皆さまのご参加をお待ちしております。

セミナー詳細、お申し込み方法は下記をご確認下さい。


定員に達した場合は、お申込みが出来なくなりますので、予めご了承下さい。

続きを読む

2016-12-12 12:57:07

SNIA日本支部主催「ストレージサービス研究会」発足のお知らせ

SNIA日本支部では2016年度より一般の方も参加可能なオープンな研究会を発足す ることに致しました。SNIA会員以外の方でも参加可能ですので、ご希望の方は SNIA-J事務局までお申し込みください。

すでに、筑波大学計算科学研究センターと共催にて「エクストリームストレージ 研究会」を5月に発足しましたが、このたび「ストレージサービス研究会」の発 足をご案内いたします。

ストレージの世界においてもクラウドファーストの考え方が進展し、ストレージ クラウドサービスが重要な選択肢となっています。IaaS (Infrastructure as a Service)の一環で提供されるオブジェクトストレージ、ブロックストレージ、あ るいはコールドストレージなどのサービスから、ファイル共有、バックアップ、 アーカイブなどの目的に特化したサービスまで、多様なサービスが提供されてい ます。

利用者としては、これらの中から、要件に合った機能とSLAを提供するサービス を選択することが重要な課題です。一方、サービスプロバイダにとっては、適正 なコストでサービスレベルを満たすストレージ基盤の構築と運用が大きな課題で あることが、SNIA-Jの調査でも示されています。そして、サービス自体あるいは オンプレミスのシステムとのハイブリッドクラウドを実現するためのストレージ 製品やソリューションの提供は、ストレージシステムベンダやインテグレータに とっての課題です。また、標準化という観点では、SNIAの主要な取組みである CDMIがあり、ISOの標準規格となっています。

本研究会は、このようないろいろな視点からクラウドストレージをとらえ、課題、 ニーズ、今後の展開を共有することによって、クラウドストレージの発展につな げてゆく場となることを目指したいと考えます。クラウドストレージにご関心を お持ちのいろいろなお立場の方々のご参加をお待ちしております>

続きを読む

2016-06-02 12:01:39

SNIA日本支部主催「エクストリームストレージ研究会」発足のお知らせ

SNIA日本支部では2016年度より一般の方も参加可能なオープンな研究会を発足することに致しました。SNIA会員以外の方でも参加可能ですので、ご希望の方はSNIA-J事務局までお申し込みください。

最初の研究会として筑波大学計算科学研究センターと共催にて「エクストリームストレージ研究会」を5月に発足します。

ビッグデータ解析、データインテンシブサイエンス、人工知能、IoTなど、大規模データ解析への要求はますます高まっています。今後、より大規模なデータのより複雑な解析を高速に行うための技術開発は極めて重要です。
本研究会では、HPC、ビッグデータ、クラウド技術を融合、発展させた次世代の超高速ストレージ(エクストリームストレージ)、超高速データ解析について、アプリケーション、システムアーキテクチャからネットワーク、サーバ、ストレージデバイスまでの幅広い議論を行うことを目的としています。

多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

続きを読む

2016-05-07 14:11:47

SNIAホワイトペーパー「ストレージ・セキュリティ:暗号化と鍵管理」を掲載いたしました!

SNIA Technical White Paper(翻訳版)「ストレージ・セキュリティ:暗号化と鍵管理」 (英題:Storage Security: Encryption and Key Management)を掲載しました。

本書は、SNIAセキュリティ技術分科会がISO/IEC 27040:2015, Information technology - Security techniques - Storage security内の重要なトピックの紹介と概要を提供するために作成した 一連のホワイトペーパーの1つです。本ホワイトペーパーでは、データ機密性に関する推奨ガイドラインについて説明します。
これには、転送中データ暗号化、蓄積データ暗号化、および鍵管理が含まれます。
今回翻訳したホワイトペーパーをご一読いただき、データ機密性に関する理解を深めていただく一助になれば幸いです。

PDFのダウンロードも可能です。詳細は こちらよりご確認ください。

2016-04-26 19:00:34

SNIAホワイトペーパー「NFSv4 の概要 更新版」を掲載いたしました!

SNIA Technical White Paper(翻訳版)「NFSv4 の概要 更新版」 (英題:An Updated Overview of NFSv4)を掲載しました。

このホワイトペーパーの初版は、2012 年6 月に”An Overview of NFSv4(邦題:NFSv4 の概要)”として公開されました。
本ホワイトペーパー公開までの間に、IETF NFS Workgroup は、新たな特徴や機能に取り組み続けており、NFSv4.2 は最終承認の段階に近づいてきています。
今回翻訳したホワイトペーパーをご一読いただき、NFSv4について、理解を深めていただく一助になれば幸いです。

PDFのダウンロードも可能です。 詳細は こちらよりご確認ください。

2016-04-26 18:55:23

(1) 2 3 4 ... 19 » Next
サイト内検索
ストレージネットワーキンング用語集

2015年5月に改定版(第11版)を発行しました。有料にて承ります。ご希望の方は事務局までご連絡下さい。

SNIA日本支部入会案内

SNIA日本支部では本会の目的・事業に賛同する企業、団体等の組織の入会(有料)を随時募集しております。

詳細はこちら

ビジネスパートナー
  • トップアウトヒューマンキャピタル株式会社ロゴ
特別会員
  • 国立情報学研究所(National Institute of Informatics)
  • IDEMA JAPAN(日本HDD協会)
  • グリーン・グリッド(The Green Grid)
  • ジャパンデータストレージフォーラム(Japan Data Storage Forum)
  • 北陸先端科学技術大学院大学情報社会基盤研究センター
  • 大阪大学サイバーメディアセンターロゴ
  • 芝浦工業大学ロゴ
  • 筑波大学ロゴ
  • 高知ロゴ