新着情報(ヘッドライン)

お知らせ

■SNIA日本支部主催「コールドストレージ!!セミナー第2回」開催のお知らせ■

IoT/ビッグデータ時代を迎え、データの爆発的増加への対応要件の1つとして、大量データの長期保存がキーワードとなっています。これに対して、SNIA日本支部では「コールド・ストレージ分科会」を設立し、技術動向、ユースケース、選定基準などの調査&研究を行っています。コールドストレージの基本的な考え方から最新動向までを幅広くご紹介致します。

セミナー資料は、環境保護等を鑑み、印刷資料としては配布いたしませんが、セミナー終了後にSNIA日本支部WebサイトよりPDFファイルにて会員向けに公開いたします(ただいま準備中です)。なお、一部セッション、あるいは一部スライドについては公開しない場合もありますので、ご了承ください。

参加費用は無料となっておりますので、この機会をお見逃しなく、皆さまのご参加をお待ちしております。

セミナー詳細、お申し込み方法は下記をご確認下さい。


定員に達した場合は、お申込みが出来なくなりますので、予めご了承下さい。



プログラム

東京会場:2017年1月12日(木) 13:00〜
時間 内容
12:00開場 受付開始
13:00〜13:05 ■ 挨拶
Cold Storage Initiative分科会プロモーション担当
大木秀一 氏(パナソニック株式会社)
13:05〜13:30 ■ コールドストレージ概要紹介
技術委員会 コールドストレージ分科会会長
宮前剛 氏(富士通株式会社)
13:30〜14:00 ■ 最新のテープストレージ
立川篤 氏(富士フイルム株式会社)
14:00〜14:50 ■ アーカイブソリューション活用の必要性とその現場
 〜IBM WatsonTMとSDSによるデーターオーシャン活用国内事例(ゲスト講演)

伊藤孝行 氏(日本IBM株式会社)
14:50〜15:20 ■ 次世代光ディスク規格Archival Discの解説
河村和彦 氏(ソニー株式会社)
宮下晴旬 氏(パナソニック株式会社)
15:20〜15:35 休 憩
15:35〜16:05 ■ SDSで実現するコールドストレージ(ゲスト講演)
石渡達也 氏(スキャリティ・ジャパン株式会社) 講師変更12/26
16:05〜16:55 【特別講演】 超長期保管メモリ・システムの必要性とその課題
小林敏夫 氏(芝浦工業大学)
16:55〜17:15 ■ 挨拶・アンケート記入
17:30 閉 場

※セッション内容は予告なく変更になる場合があります。
※当日のセミナー資料は、後日、SNIA日本支部Webサイトよりダウンロードしていただける予定でございます(ただいま準備中です)。
なお、一部セッションについては公開しない場合もありますので、ご了承ください。



お申し込み

会場

パナソニックセンター東京(有明) <定員200名>
〒135-0063 東京都江東区有明3丁目5番1号
   りんかい線「国際展示場駅」徒歩2分
   新交通ゆりかもめ「有明駅」徒歩3分


2016-12-12 12:57:07

その他のお知らせ記事



サイト内検索
ストレージネットワーキンング用語集

2015年5月に改定版(第11版)を発行しました。有料にて承ります。ご希望の方は事務局までご連絡下さい。

SNIA日本支部入会案内

SNIA日本支部では本会の目的・事業に賛同する企業、団体等の組織の入会(有料)を随時募集しております。

詳細はこちら

ビジネスパートナー
  • トップアウトヒューマンキャピタル株式会社ロゴ
特別会員
  • 国立情報学研究所(National Institute of Informatics)
  • IDEMA JAPAN(日本HDD協会)
  • グリーン・グリッド(The Green Grid)
  • ジャパンデータストレージフォーラム(Japan Data Storage Forum)
  • 北陸先端科学技術大学院大学情報社会基盤研究センター
  • 大阪大学サイバーメディアセンターロゴ
  • 芝浦工業大学ロゴ
  • 筑波大学ロゴ
  • 高知ロゴ