ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > Bridge

Bridge

ブリッジ

[Network] 1.ある物理トランスポートネットワーク技術を使用するソースデバイスから、代替する物理トランスポートネットワーク技術を使用するデスティネーションデバイスへの通信を可能にする技術。いくつかのケースにおいて、このブリッジは、物理トランスポートゲートウェイ、もしくはストレージルータとも呼ばれる。
[Network] 2.物理アドレス層において複数のLANセグメントを接続するデバイス。セグメント間で無差別に全てを再ブロードキャストするハブとは対照的に、ブリッジは目的セグメントが指定されている再転送のトラフィックのみをセグメント間で転送する。
[Fibre Channel] 3.ファイバチャネルブリッジのペアによって、ある代替的な技術により二つのB_Portトンネリングを使用して二つのスイッチE_Port間の透過的なファブリック接続が提供される。結果として生じるスイッチ間リンク(ISL)は、スイッチ間の直接リンクのように見える。 例えば,ブリッジペアは,ブリッジ上の一つのB_Portから着信ファイバチャネルフレームをとり,FCIP(IP経由のファイバチャネル)を用いてそのフレームをカプセル化し,フレームをペイロードとしてIPネットワークを超えてリモートブリッジに送信し,そこで元のフレームはリモートブリッジのB_Portを通ってファイバチャネルファブリックスイッチのE_Portに転送される.

使用分野: Network/Fibre Channel

[Network] 1. A technology that enables traffic from a source device using one physical transport network technology to be transmitted to the destination device using an alternative physical transport network technology. In some cases this "Bridge" is also referred to as a physical transport gateway, or storage router. [Network] 2. A device that connects multiple LAN segments at the physical address layer. As opposed to a hub, which indiscriminately rebroadcasts everything from one segment to the other, a bridge only retransmits traffic from one segment to another when the traffic is intended for the destination segment. [Fibre Channel] 3. A Fibre Channel technology that provides a transparent fabric extension between two switch E-Ports through the use of 2 B-Ports tunneling through some alternative technology, resulting in an Inter-Switch Link (ISL) that "appears" to be a direct link between switches. For example, a bridge pair can take an incoming Fibre Channel frame from one B-Port on a Bridge, encapsulate that frame using FCIP (Fibre Channel over IP) and transmit the frame as payload over an IP network to the remote Bridge where the original frame is forwarded to the remote Fibre Channel Fabric switch E-Port through the remote Bridge's B-Port.

CONTEXT[Network][Fibre Channel]

« 用語集に戻る

Copyright © 2022 SNIA Japan

このページのトップへ移動