ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > file virtualization

file virtualization

ファイルの仮想化

1.基礎となる複数のファイルまたはディレクトリオブジェクトを単一の複合ファイルとして提示するために仮想化を利用すること.
2.ストレージシステムにHSMのような特性を与えるために仮想化を利用すること.
3.ストレージシステム内でファイルデータおよびメタデータが個別に管理されている場合,統合されたファイルインタフェースを提供するために仮想化を利用すること.

使用分野: File System

1. The use of virtualization to present several underlying file or directory objects as one single composite file. 2. The use of virtualization to provide HSM like properties in a storage system. 3. The use of virtualization to present an integrated file interface where file data and metadata are managed separately in the storage system.

CONTEXT[File System]

« 用語集に戻る

Copyright © 2022 SNIA Japan

このページのトップへ移動