ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > backup window duration

backup window duration

バックアップウィンドウ時間

バックアップ作成に必要な時間の長さ。例えば、バックアップがアプリケーションとは異なるリソース(ストレージデバイス、IOパス、プロセッサ処理能力)を用いる方式は、スプリットミラー・ポイントインタイムコピーと呼ばれ、バックアップウィンドウ時間は、イメージの作成に要する時間になる。オンラインバックアップがアプリケーションのデータアクセスとリソースを共有する方式は、コピーオンライト・ポイントインタイムコピーと呼ばれ、バックアップウィンドウ時間はリソースの競合により延び得る。オフラインバックにおけるバックアップウィンドウ時間は、バックアップの処理が完了するまで、アプリケーションによるデータ更新が許されない時間の事である。

使用分野: Data Recovery

The amount of time required to create a backup. For example, if a backup uses different resources (storage devices, I/O paths, processing power) than an application, as is common with split mirror point-in-time copies, then the backup window duration is the time required to create the image. If an online backup shares resources with the applications using the data, as is common with copy-on-write point in time copies, the backup window duration may be increased due to resource contention. For an offline backup, the backup window duration is the time during which applications are not allowed to modify the data while the backup operation completes.

CONTEXT[Data Recovery]

« 用語集に戻る

Copyright © 2022 SNIA Japan

このページのトップへ移動