ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > block storage

block storage

ブロックストレージ

ブロック単位でデータを保存する方法.
ディスクデバイスは通常,固定サイズのブロック(512バイトブロックや4,096バイトブロックなど)でデータを保存する. テープデバイスは,固定サイズのブロックまたは可変サイズのブロックを提供する場合がある. これらのブロックのファイルへの配置は,ホストファイルシステムを使用して行われる. さまざまなストレージプロトコル(SCSI,SATA,FC,iSCSI,RDMAなど)を使用して,ブロック内のデータにアクセスできる.(ファイルストレージを参照)

使用分野: Storage System

A method of storing data in blocks. Disk devices typically store data in fixed size blocks (e.g., 512 byte blocks, or 4,096 byte blocks). Tape devices may provide fixed size blocks or variable sized blocks. The arrangement of those blocks into files occurs using a host file system. Various storage protocols (e.g., SCSI, SATA, FC, iSCSI, RDMA) may be used to access the data in those blocks. (see File storage)

CONTEXT[Storage System]

« 用語集に戻る

Copyright © 2022 SNIA Japan

このページのトップへ移動