ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > hot standby

hot standby

ホットスタンバイ

給電を受けプライマリの構成部品が機能している間は運用しない耐障害ストレージサブシステムの冗長性を持つ構成部品.しかし,(冗長グループ内で)対応する優先側の構成部品が機能している間は,動作しない.ホットスタンバイの構成部品は,関連するプライマリの構成部品が故障した際にシステムが継続して機能できるようにすることで,ストレージサブシステムの可用性を高める.ホットスタンバイという用語を,ディスクに対して用いる際は,IOオペレーションが可能状態(例えば,リビルド操作のターゲットディスクとしてなど)であるディスクを特に意味する.

使用分野: Computer System

A redundant component in a failure tolerant subsystem that is powered and ready to operate and does not operate as long as the primary component is functioning. Hot standby components increase storage subsystem availability by allowing systems to continue to function when the associated primary component fails. When the term hot standby is used to denote a disk, it specifically means a disk that is ready to perform I/O operations, for example, as the target of a rebuilding operation.

CONTEXT[Computer System]

« 用語集に戻る

Copyright © 2022 SNIA Japan

このページのトップへ移動