ホーム > 市場調査

市場調査

SNIA日本支部では、2001年より「日本国内のエンドユーザを対象とした市場動向調査」を行っております。
日本における各種テクノロジー/ソリューションの浸透度とIT投資動向を把握することを目的としています。
また、同じ設問に対するトレンド(動向)分析も行っています。

最新の調査は2019年版(第12回調査)です。


ユーザー動向調査2019(抜粋)

表紙

◆AI/ML(MachineLearning), IoT、品質への投資が増加

人事、財務/経理、販売、メール等はオンプレではなくパブリッククラウドのSaaS利用シフトが加速してきております。

◆マルチクラウド/ハイブリッドクラウド利用を検討しているユーザが増加

複数環境を性能/信頼性/機能要件等に応じて適材適所に使い分ける傾向が高まってきていると考えます。

◆コンテナ/マイクロサービス導入意向も出始めている

クラウドネイティブアプローチによる開発でDXを推進しようとする動きが日本でも始まりつつあると考察します。

◆「サブスクリプション課金」への関心も出始めている

ストレージ購入方法が売切/サブスクリプションと多様化する可能性があると考えます。

◆セキュリティへの課題意識も高い

セキュリティ被害の頻発やGDPR等の法規制対応等が求められることによると考えます。


最新の調査では、Flash、SDS、HCI、クラウドなどのトレンドの調査項目も取り入れています。

なお、本調査結果(詳細)の参照と引用は、SNIA日本支部会員企業のみ許諾しております。

Copyright © 2020 SNIA Japan

このページのトップへ移動