ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > block virtualization

block virtualization

ブロック仮想化

ブロックベースの(ストレージ)サービスに仮想化を適用する行為で、新たに集約された、より高いレベルの(例:より豊富な、よりシンプルな、よりセキュアな)ブロックサービスをクライアントに提供する事が目的。ブロック仮想化の機能はネストすることが出来る。ディスクドライブ、RAIDシステム、またはボリュームマネージャは全て、(異なる)ブロックアドレスマッピングまたは集約に対し、ある形式のブロックアドレスを実行する。参照: file virtualization

使用分野: Storage System

The act of applying virtualization to a block based (storage) service for the purpose of providing a new aggregated, higher level (e.g., richer, simpler, more secure) block service to clients. Block virtualization functions can be nested. A disk drive, RAID system or volume manager all perform some form of block address to (different) block address mapping or aggregation. See file virtualization.

CONTEXT[Storage System]

« 用語集に戻る

Copyright © 2022 SNIA Japan

このページのトップへ移動