ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > buffer to buffer flow control

buffer to buffer flow control

バッファツーバッファフロー制御

例えばNポートと対応するFポートのように、2つの直接接続ファイバチャネルポートの間で行われるフロー制御。送信者が伝送を停止して「Ready」の合図の受信を待機することを要求される前に、ポートがそのポートに送信できるフレーム数(バッファクレジット)を示す。バッファツーバッファフロー制御は、NLポートがアービトレーテッドループの別のNLポートにログインする場合とNx_PortがFXポートにログインする場合のみ使用される。もしくは、フロー制御は2つの直接つながれたファイバチャネルポートの間で(例:N_Portとこれに関連するF_Portや2つのE_portの間)実行される。送信者が伝送を停止して追加のクレジットの受信を待機することを要求される前に、ポートがそのポートに送信できるフレーム数(バッファクレジット)を示す。

使用分野: Fibre Channel

Flow control that occurs between two directly connected Fibre Channel ports, e.g., an N-Port and its associated F-Port. A port indicates the number of frames that can be sent to it (its buffer credit) before the sender is required to stop transmitting and wait for the receipt of a "ready" indication. Buffer to buffer flow control is used only when an NL-Port is logged into another NL-Port on an Arbitrated Loop or when an Nx-Port is logged into an FX-Port." or "Flow control that occurs between two directly connected Fibre Channel ports, e.g., an N_Port and its associated F_Port or between two E_Ports. A port indicates the number of frames that can be sent to it (its buffer credit), before the sender is required to stop transmitting and wait for the receipt of additional credit.

CONTEXT[Fibre Channel ]

« 用語集に戻る

Copyright © 2022 SNIA Japan

このページのトップへ移動