ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > assigned capacity

assigned capacity

割当済容量

データの書込みのために割り当てられたシステムまたはデータコンテナ上の空間の大きさ。シンプロビジョニングのシステムでは、割当済容量は、必要に応じた空間の量が確約されている事を表す。使用可能容量は、コンテナに書き込まれた時に割り当てられる量を表す。完全にプロビジョンイングされたシステムでは、使用可能容量をコンテナの割り当てと同時に確保される事になる。

使用分野: Storage System

The amount of space on a system or data container which has been allotted to be written. On thin provisioning systems, an assigned capacity number represents a promise of the amount of space that is available on demand; usable capacity is allocated as the container is written. On fully provisioned systems, usable capacity must be committed at the same time the container is allocated. See thin provisioning.

CONTEXT[Storage System]

« 用語集に戻る

Copyright © 2022 SNIA Japan

このページのトップへ移動